データ移行は本当に大変?

データ移行は本当に大変?

データ移行サービスというビジネスがあります。

これは読んで文字通り、端末から端末へのデータを移行する作業をやってもらう事であり、

特にパソコンなどにおいてはやはり浸透率が高まっても「動くから使っている」という方が多く、

データの移し替えとなると頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

そうした方にはデータ移行サービスは心強い存在と言え、考えるまでも無く頼まれる方もいらっしゃると思います。

ですが、データ移行とはどれほど大変な物なのか?

業者によってデータ移行代行の値段は様々ですが、5000円以上というところも少なくなく、

パソコン知識にまだまだ乏しい私と言えど、少々高い気もします。

なので今回の買い替えの際に重要と思われるデータのみをリストアップして自力で移し替えたのですが、

これが意外と簡単で、少し拍子抜けしてしまいました。

もちろん私にとっては大事ですが、人によっては取るに足らなかったり、

或いはさらに複雑なデータであれば話も変わると思いますが、

私にとってデータ移行作業は「これくらいなら自分でやっても問題ない」レベルでした。

まず私はiPhoneを使っている都合上、パソコンでバックアップデータを保存しています。

しかもiPhoneが生活において大きなウェイトを占めるようになってしまった都合上、

避けては通れない道になっていました。

iPhoneのデータ管理と言えばiTunesですが、まさかこのソフト丸ごと移せるはずも無く、

どうするか調べてみたところ、これが結構簡単なのです。

ミュージックフォルダなどに置かれているiTunesフォルダを丸ごとUSBメモリなどに保存し、

次のパソコンにiTunesをインストールしたら、USBからフォルダを上書きするだけでした。

さらにwordやexcelのファイルもofficeならバージョンが古くてもちゃんと表示されるので、

同じくUSBメモリから移動すれば全て終了でした。

画像なども全く同じ原理です。

思うに、パソコン自体が複雑なのでデータ移行は難しいと思われがちですが、

テキストなどの文書なら対応ソフトがあればそのまま移せばすぐに編集できるし、

iTunesなどの様々な種類のデータであっても、丸ごと上書きすればいいだけの物も多くあります。

ようは新しいパソコンにおいてどれだけ互換しているか否かであり、

同じ環境を再構築するなら、同じアプリケーションがあればいいのです。

データ移行は楽に越した事は無いですが、この程度のデータなら外付けメモリがあれば安く、

そして空いた時間にでも出来るのが事実です。

無理だと諦める前にもう一度、調べてみる事をオススメいたします!

新型カローラフィールダー

慣れない事は時間がかかります

昨日今日と、2連休を利用して荷物を人に送る作業をしたのですが、思いのほか作業は難航。気がつけば作業を終えることなく、仕事の日にまで食い込んでしまうこととなりました。

2日もあれば余裕で作業は終えるだろうと思っていたのですが、甘かったですね。本当に想定外でした。

まず第一に、梱包作業に手間取ってしまいました。運びたい荷物は5つもあり、うち3つは比較的小さなもののため、大きなダンボールを組み合わせて同封しました。それぞれを衝撃吸収材でくるみ、箱と接触する場所はダンボール版で補強もしました。開いたスペースには、新聞紙を軽く丸めて隙間を埋めました。

この作業はまだ楽なほうでした。問題は残り2つです。こちらはどちらも長さが90センチもあり、重さもかなりありました。家に余分なダンボールはなく、仕方なくホームセンターに箱を買いに行くものの、それが収まる箱のサイズは売っていませんでした。

2つの箱を組み合わせれば梱包できそうだったのですが、その箱は1つ500円。4つで2000円です。梱包するだけなのにそこまでお金を使うのがバカらしくなり、買いませんでした。

結局2つは、衝撃吸収材を2重に包むだけにしました。割れ物ではありませんし、ネットで調べたらそれでも大丈夫という情報があったからです。

しかし、いざそれを宅配業者に持っていったら「もっとしっかり梱包してください」とのことで、追い返されてしまいました。どうやら業者や配送担当によって判断基準は異なり、私が訪れた場所は厳しかったようです。

そうして家に帰り、梱包材の上からボール版を捲きつけて、再度業者に。これで何とか配送OKとなりました。

ところが今度は送料でトラブル。送るもののサイズが大きいため、送料が思っていたより高くなってしまったのです。それを送る相手に伝えて了承を得ようとメールを送ったものの、あいにく不在でまだ返事が返ってこない状況です。

やはりなれない作業をやると時間がかかってしまうものですね。梱包から配送業者調べなど、逐一ネットで調べながら行なっていたので時間がかかってしまいました。挙句、送り先の人とも上手く連絡が取れない始末でしたから。

こうなる結果が分かっていれば「慣れないようなら、代わりに配送手続きやってあげようか?」と、友人に言われた時、お願いしてしまえばよかったです。あの時は、その人に迷惑がかかるし、自分で簡単にできるだろうと思っていましたから、断っちゃったんですよね。