何故高齢出産となるのか

何故高齢出産となるのか

時に有名な芸能人が取り上げられ、物議を醸している高齢出産ですが、

有名人が取り上げられる以上に私たち一般にも身近かもしれません。

と言いますのも、結婚する平均年齢の大きな上昇により、

意図せずしての高齢出産化に進んでいるのです。

そこに生涯独身の方まで増えてしまい、人口の先細りが懸念されます。

確かに高齢出産は賢い選択かどうか言えば答えに詰まり、

命の誕生も関わってくるので簡単に言える事ではありません。

では、高齢出産に関わっている要因は何なのか。

そして高齢出産は何故危険なのか>

まずは結婚のメリットのあまりの少なさではないでしょうか。

メリットデメリットで計る事は愛情でもって結婚される&されている方には不快に感じますが、

独身に比べてそこには大きな制約が互いに課せられるのが事実です。

一人ならなんとかなる生活というのも、二人となるとかなり変わってくるのが今の経済であり、

そこに子供が加われば、より安定した経済状況が求められます。

つまり夫婦共働きが当然であり、働くにあたって子供を作るというのは、

大きな制限が生まれてしまいます。

早々に子供を設けられる土台が出来ていないんですね。

そして高齢出産自体が非常に母子共に危険性を含みすぎているのです。

出産適齢期は三十歳までとされていて、それ以降に関しては未熟児であったり、

他にも流産の確率が大幅に上がってしまい、産後のリスクが向上します。

これはやはり二十代からは子供を産む為の機能が徐々に弱くなる為と言われており、

加齢というのが私たちの体に大きな影響を与えているのが分かります。

そして現代の二十代と言えば女性であっても社会においての働き盛りであり、

会社にあっても身籠るというのはめでたい事では無く、

しばしば負担に考えられがちです。

この国においての育児休暇などの取得率は芳しいとは言えず、

社会においても出産を受け止める土台が出来ておらず、

自然と子供を産むタイミングは遅れがちと言わざるを得ません。

今回挙げた例は本人の判断によるものというより、

この社会が高齢出産を生み出していると言えるのでは無いでしょうか。

社会のせいにするなとは誰しもが言いますが、

直すつもりの無い背景を野放しにしておいていい理由はありません。

老人に対する福祉の充実化が叫ばれていますが、

私たち若者に対する次世代への厚生も、未来の為に充実させてもらいたいものです。

これからはますます節電しなくては

ますます節電を心がけなくてはいけなくなってしまった電気代値上げ。電気代の値上げとあれば、自分の生活に直結する大きな問題ですから、これまで節電に意識がなかった人でも、否でも応でも節電をはじめなくてはいけなくなったのではないでしょうか?

節電と聞いてまず思い浮かぶのは、エアコンの使用度を減らすことや、使わないコンセントを抜いたりすることではないでしょうか? もちろんそれも大きな節電効果を発揮することができますが、電化製品の工夫だけではなく、家具の配置やインテリアの工夫をすることでも、節電に大きな力を発揮できるのです。

有名な方法としては、エアコンの効きを良くするために、使用時は遮光カーテンをして外気温の影響を受けにくくするなどがあげられます。

また、窓のそばに家具を置いてしまわないように気をつけると、日の差込や風の通り口を塞がないですむので、明かりを灯す時間や風の気持ちよい日には冷房機器などを節約することができます。

暑い夏には、ベッドを窓際に配置するのも良いでしょう。窓を少し開けて風を取り込んであげれば、扇風機やエアコンに頼る必要はなくなります。逆に寒い冬は窓からベッドを遠ざければ、外の冷気を感じて暖房機器に頼りたくなることを防ぐことができます。

節電を気に、一度部屋の家具の配置やインテリアを買えてみるのも良い方法ですよ。もちろん、その際に入らないと感じた電化製品はしまっちゃいましょう。

1人暮らしをするようになってから、私もやたらと電気代を気にするようになったものですから、その辺は本当にシビアです(笑)。常時コンセントを挿している電化製品は、多分冷蔵庫くらいだと思いますから。

一時「冷蔵庫も使わないぞ!」と意気込んだこともあったのですが、それはさすがに無謀でしたね(笑)。冷蔵庫を使わなくなる度にコンセントを挿し、内部を冷却していたら、多分そっちの方が電気代が嵩んでいたかもしれませんしね。

ベッドの移動は季節ごとで本当によく変えますね。夏場はエアコンは当然、扇風機も極力使いたくないので、窓の近くにベッドを配置して涼しい風を感じながら眠りについています。ただ、翌日の朝日が暑くて苦しむことにはなってしまいますが。まぁ、良い目覚ましと思えば、それも悪くありませんけれども(笑)。